勇者ヨシヒコと導かれし七人、第1話のあらすじと感想をまとめます。

ネタバレを含みますので、まだ見ていない方はご注意ください。

button_yos_fotor


勇者ヨシヒコと導かれし七人のあらすじ

あらすじはネタバレ含みます。

ラスボス(1話)

勇者ヨシヒコは魔王バルザスの元にたどり着いた。

が、ヨシヒコたち一行は明らかにレベルが足りていない。


メレブは逃げたほうが良いと判断し、ヨシヒコの決断で逃げようとするも魔王バルザスに追撃を受けてしまう。

背中に背負った冒険で余った薬草を食べようとするも使い方がわからずオドオド…

ヨシヒコが薬草を生で食べたが、少しずつしか回復しなかった。


いてもたってもいられずヨシヒコがバルザスを剣で攻撃するも1ミリも、効かなかった…

ヨシヒコたちはバルザスの反撃で全滅することに…

お金稼ぎ

協会送りにされたヨシヒコ。

仲間を生き返らせるにはお金がいる。

ダンジョーは100ゴールド、ムラサキは80ゴールド、メレブは3ゴールド。


しかし、さすがヨシヒコお金がない。

ヨシヒコは神父に「バカなの?」と説教を受けつつ資金稼ぎに出る。

再び様々なハリボテモンスターと戦いお金を稼ぐ。(メダパニで混乱するところは見ものです笑)

強え盗賊と忍者

毎度お馴染みの盗賊が登場。

俺は強え盗賊だと荒くれた若い盗賊がヨシヒコの前に立ちはだかる。(菅田将暉)

しかし、後ろには怪しい影が…


盗賊は後ろから忍者(戸塚純貴)に付け狙われているようだ。

メレブは何度も盗賊に後ろを振り向かせるが、見え見えの忍者に気がつかない盗賊。

ヨシヒコはいざないの剣で戦うことに。


激しい戦いの中ヨシヒコが忍者を不意打ち。

盗賊はその倒れた忍者の姿を見ると、思い出したように叫び出した。

倒れた忍者に嘆く盗賊…

盗賊が気になる忍者との関係を言おうとした瞬間、ヨシヒコが剣で切りつけてしまう。


盗賊と忍者の関係を気にしつつも、一行は次へ進むことに…

メレブの新呪文

夜営をすることに。

メレブが新呪文を覚えたというとムラサキはそれをバカにする。

そんなメレブはムラサキにスモーデをかける。(スモーデはすでに覚えていた)

ムラサキは相撲で決着をつけようとし始めた。

さすがにかわいそうなので、メレブはデスモを唱えてスモーデを解除した。


そして新呪文は…

脇の下が恐ろしく臭くなり、敵が耐えられなくなったところで攻撃を加える…ワキガンテ…!!


もちろんヨシヒコはメレブに呪文をかけてもらうことに…

その匂いはヨシヒコ自身も耐えられないくらいの臭いであった…

しかし、ワキガンテはワキガインに進化を遂げる呪文でもあるのだ…

レベルアップしたヨシヒコ

魔王バルザスに挑んだときはレベル18だったが、ヨシヒコたちはレベルを上げ続け強くなった。

こうして強そうな装備(メレブ以外)も揃え、魔王バルザスに再び挑むのであった。


ヨシヒコたちはバルザスを追い詰め、スイーツをとどめに、ついに魔王と倒しエンディングに…

急な仏

エンディングかと思いきや仏が登場。

やっぱりヨシヒコに仏は見えないのでメガネをかける。


仏は「初回としてかなりおかしい」といい、まだ冒険は終わりでないことを告げる。

まだ世界には魔物がはびこっており、総理大臣のような魔王がいるらしい。


グダグダすぎな話が続くが、要約すると新たな魔王は7つの弱点があり、それらの弱点を攻めれるのはオーブを持った運命の七人しか攻撃できないのだという。

仏は、その七人を探しだし魔王を倒すようにヨシヒコに命じ、カボイの村へワープさせた。


こうしてヨシヒコたちの新たな冒険が始まる…

勇者ヨシヒコと導かれし七人の感想

菅田将暉と戸塚純貴

もう大人気すぎてやばい俳優・菅田将暉登場ですよw

正直盗賊役で出るんだろうなって思ってはいましたが、しょっぱなからやってくれるとは期待を本当に裏切りませんよね!


そして忍者の方がわからない方が多いと思ったのですが、ドラマ24でヨシヒコの前にやってた侠飯〜おとこめし〜にも出演してた戸塚純貴ですね。

へなちょこ加減がヤバいです(笑)


菅田将暉は剣を交えるシーン、めっちゃ楽しそうにしてましたね…

今後も盗賊の役者が楽しみすぎます。

メレブの呪文に感激と衝撃

メレブのワキガンテが面白かったのは言うまでもありませんが、今回メレブは数々の呪文を見せてくれました。

スモーデ、ワキガンテ、ヨシズミ、スイーツ…

ムラサキがメラゾーマを覚えたことにも驚きでしたが、その後にメレブのヨシズミがきたのはさすがに不意打ちすぎて笑いましたw

安定の仏

仏とメレブの掛け合いが安定すぎてやばいですね。

あれが台本だったとしてもアドリブだったとしても、すげーと思っちゃいます。

何がすげーの?って聞かれると「何かよくわかんねーけどすげー」としか言えないんですが(笑)


ヨシヒコは各役者が濃いところはいいところですよね。

みんなの感想もアンケートしました

実は昨日みんなにも勇者ヨシヒコ1話の感想についてアンケートを取りました。

ラフに答えてくださいねって言ったんですけど、みんなすごく真面目に書いてくれてシュールでした(笑)

アンケート内容は「面白かった点は?」とシンプルなもの。

アンケート結果


魔王との最初の戦いで四人が籠いっぱいの薬草を担いで勝負に挑んだシーンは適度に馬鹿らしくてああヨシヒコが始まったんだなと思えました。
特に明らかに生で食うと青臭そうな薬草をヨシヒコが率先して「僕が食べてみます」と言い、ばっくばっく食っていたのは体張ってる感が笑えました。
薬草のくだりが終わって、魔王への攻撃に移るときにヨシヒコの口の周りが緑色のベタベタで汚れていたのも芸が細かく好きでした。


一番序盤の、ドット絵による魔王とのシーンです。
ボスを相手に薬草を山のように持って行くのはドラクエにおける初心者あるあるだな~と思ってみていました。
また、そっか…薬草って食べるものなのか…と思わせるシーンでもありました。敵を目の前にもそもそ草を食べているシーンはシュールでした。


ゲームのドラゴンクエストで薬草を使ったことがあるが、実際、どうやって使っているかはナゾだとこの1話を見て感じました。そして、ボスキャラの前で時間をかけて薬草や毒消し草の話をしているところで、ボスが攻撃してこないシステムをうまく利用しているのは笑えました。


魔王に挑み、全滅したヨシヒコ一行が教会で目覚めるシーンでのヨシヒコと神父の絡みも地味に笑えました。
ヨシヒコたちがレベルの低いまま魔王に挑んだことを責められたうえに、ヨシヒコの空気読めない感じを「そういうとこだよ」と神父に暗に非難され、「どういうとこですか」と食い下がるヨシヒコのおバカでまじめで熱血な部分はこのシリーズ定番のくだりながらにやにやしてしまいました。


神父の目の前でヨシヒコだけ復活したシーン。先頭の人だけが自動的に生き返るのもドラクエあるあるですね。
別シリーズでもでてきた妙に外国人なまりの神父さん、お久しぶりです。(役者さんが外国人なのでなまりは当然ですが)
淡々と正論でヨシヒコに駄目だししているのが面白かったです。


菅田将暉が盗賊として現れ、ヨシヒコたちを襲おうとするけれど、菅田自身も後ろから忍者に狙われているという場面も面白かったです。
「志村、うしろ!うしろ!」的な定番場面ではあるのですが、必死に気づいてないふりをする菅田を「いや今笑ってたでしょ」と突っ込むメレブとの絡みは笑ってしまいました。
メレブのねちっこい指摘に、振り向いて忍者を見ているときは肩が震え明らかに笑っているのに正面を振り向くと真面目な顔をしている菅田将暉の役者魂の合わせ技は最高でした。



低予算を思わせる手作り感満載のモンスターたちとの戦闘です。
あえてなんでしょうが、若干雑に見えなくもないそのフォルムがかわいらしくみえてきます。
また、戦闘のSEもドラクエリスペクトなのか、何度も聞いたことがある音が聞こえて楽しかったです。
レベルアップにはふふっと変な笑いがもれてしまいました。


ドラクエのパロディなのかなんなのかアヤフヤなところはあるけどドラクエを実写にした無理矢理感は良い感じ。
パーティーがレベル18で全滅してヨシヒコは怒られてたのもありそうでなさそうだし。
メレブはレベルアップしてワキガンテを覚えたとかもあったけどメレブって変な呪文ばっかり‼
ワキガンテは諸刃の剣っぽいのも、なんか面白かったかな。


最後に仏がでてきて説明するのはいいけど説明が長すぎだし、話しもまとまってないしグタグダなのが面白かった。
まぁ運命の7人がいてオーブが必要って言ったのはわかったけど!
最後は結局ルーラで飛ばされるとか。
グタグダしてたわりにはサラっといくもんだと思ってしまいました。

あらすじ・感想まとめ

勇者ヨシヒコと導かれし七人第1話のあらすじと感想をまとめましたがいかがでしたでしょうか?


初めて感想アンケートをとってみたんですが、ツイッターだとみんなすごい「wwwwwww」みたいなテンションなのに…

「アンケート取りまーす!」ってやったら「面白かった。」みたいになっちゃうんですね(笑)

それでは、2話にも期待ですね。

TOP >>2話