勇者ヨシヒコと魔王の城の第1話の感想とネタバレを書いていきます。

話のあらすじを大雑把に書いて、面白かった部分をピックアップして感想を書きます。

button_yos_fotor




<スポンサードリンク>


「勇者ヨシヒコと魔王の城」 第1話のあらすじ・ネタバレ

ヨシヒコの旅立ち

カボイの村は疫病で悩んでいた。

その疫病を食い止めるために勇者テルヒコが半年前に旅に出たが、未だに戻ってこない。


カボイの村では次なる勇者を探すため、岩に刺さる伝説の剣を村の男たちに抜かせようとする。

村の男たちは次々に剣を抜くことに失敗…そして最後に残ったヨシヒコが剣を抜こうとする…

そして、ヨシヒコは見事に剣を抜くのであった。
→感想pickup!!


ヨシヒコは村の長であるオザルが占いにて示す方向に向かうことに。

ヨシヒコを心配する妹のヒサを村に残して、疫病を治す薬草と先だった父であるテルヒコを探しに旅立つのであった。

最初のモンスター

向かった先で早速モンスターに出会う。

スライムだ!!(段ボールでできたハリボテモンスター! しかも喋る!!)

オラオラ系のスライム、勇者ヨシヒコに攻撃する。

ヨシヒコ「やめなさいって…!」

伝説の剣で振り払うとスライムはアッサリやられるのであった…

ダンジョーとの出会い

ヨシヒコが歩いていると、山賊と戦っている大男がいた。

大男は見事に山賊を切り捨て、剣を収めヨシヒコに近づいて話始めた。

が、話が長そうなのでヨシヒコは無視して先を進もうとする。

負けじと大男は「待て」とヨシヒコの足を止め話始める。

その大男は長話をして聞き疲れたところでヨシヒコを斬ろうとしていたのだ。

大男は話をしっかり聞くまでヨシヒコを逃さないとのこと…

そして大男は続ける。

大男「俺の名はダンジョー!お前と同じある人々をすk…」

ヨシヒコは振り向き立ち去ろうとする…

ダンジョー「って待たんかぁ!!」

ダンジョーは話を聞いてくれるまでヨシヒコについていくそうだ。

ムラサキとの出会い

ヨシヒコとダンジョーは1日休んだ後、また歩き出した。

歩いていると後ろからヨシヒコに襲いかかる細身の女。

ヨシヒコは剣で女のナイフをさばく。

ダンジョーが「切れ!」と言うがヨシヒコは「女は切れない」と躊躇する。

しかし、ダンジョーがヨシヒコの持つ伝説の剣が殺さず眠らせる剣であることを告げると、ヨシヒコは躊躇いなく女を切り捨てた。


しばらくして女は目を覚ましたが、ヨシヒコを見るなり攻撃しようとする。

女「我が名はムラサキ…」

ムラサキ曰く、彼女の父がヨシヒコにやられたのだという。

その根拠は、村で一番絵がうまいという男が書いた似顔絵だというのだ。
→感想pickup!!

子供が書いたようにしか見えないその下手クソな絵からは、どう見てもヨシヒコと断定はできないのだが…


人違いを繰り返してきたムラサキが途方にくれてしまったが、優しいヨシヒコはムラサキを仲間に誘う。

ムラサキがヨシヒコが父の仇だと確信すれば好きに殺せばよいとして、共に旅に出ることになった。

メレブとの出会い

ヨシヒコが旅を続けていると、小さな村に到着した。

そこには胡散臭い村の教祖が民たちに囲われていた。(教祖コールなるものが…)

教祖は魔法で岩を持ち上げて村人たちに見せていた…

教祖はメレブという名らしい。


一段落ついた後、メレブはヨシヒコたちに声をかける。

村の外のことを知りたいから、彼の屋敷に来て欲しいとのこと。


ヨシヒコたちは招かれたとおり、メレブの屋敷を訪れた。

ヨシヒコ一向は各々旅の経過や動機を話した。

ツッコミどころ満載の旅の話にメレブは流れるようにツッコミを入れていく。


話を続ける中、ヨシヒコがメレブの岩を持ち上げる魔法について話題を切り出す。

ヨシヒコ「あれ、布の裏で人が持ち上げてますよね?」

それを聞いてメレブは盛大に焦りを見せる。

ヨシヒコは元大工で、「よくできた装置」と褒めたが、メレブは怒って出て行ってしまった。


次の日、ヨシヒコたちは旅を再開するが、メレブがヨシヒコたちを呼び止めた。

メレブは一緒に旅をしたいのだという。

メレブが唯一使える魔法「ハナブー」をムラサキを相手に披露し魔法使いであることをアピールする。(ハナブーは一日一回しか使えない…)

優しいヨシヒコはメレブを仲間にすることに。


こうして4人は結託して旅をすることになったのだ…

4人での旅の始まり、そして終わり。

4人ははりきって旅を再開する。

歩き始めてしばらくもしないうちにヨシヒコを止める声が…

???「あれ?ヨシヒコ…!?ヨシヒコじゃねーか!!」

それはヨシヒコの父親のテルヒコであった!!しかも見知らぬ女性と子供の3人で座っている…


話によるとテルヒコは幻の薬草を手に入れたのだという。しかもカゴいっぱいに。

ところが、となりに座る連れ子のいる女性と付き合ってしまい、そして懐妊までしちゃっていた。

それで気まずくてカボイの村に帰ろうにも帰れなかったらしい。

テルヒコはヨシヒコに薬草がいっぱい入ったカゴを渡して去っていった…


ヨシヒコは目的を果たしたため、旅は終了した。

「おつかれ…」 「お疲れっす…」

そうして解散しようとしたとき、空が輝きだした。

仏の登場

輝きだした空に仏様の姿が映り出した。

仏がヨシヒコの名前を呼びかける。

ヨシヒコ以外の仲間は仏の存在が見えたが、ヨシヒコだけは仏の姿が見えない様子。

だが、メレブが持っていた3Dメガネ(っぽいもの)をかけると仏の姿が見えた。
→感想pickup!!


そして仏がヨシヒコたちにありがたいお告げをする。

仏によると、ヨシヒコの使命は父親を探すことでも薬草を探すことでもないのだという。

「下界に降りた魔王を倒すこと」こそが勇者ヨシヒコに与えられた使命とのことだ。

その魔王が疫病の根源なのだという。


その後、仏はセリフを忘れたかのようにグダグダになってしまう。

が、それはともあれ旅は続くことになった。

旅を追いかける妹ヒサ

一向は旅を続けるべく歩き出したが、ヨシヒコの妹「ヒサ」が後ろを追ってついてきていた…

<スポンサードリンク>


感想

全体を通して、なんやねんこのドラマwwくだらなすぎるわwwww

としか言いようがないのですが、ピックアップして感想を述べていきますよ!

きっとあらすじだけじゃ何がこのドラマの魅力なのか伝わらないでしょうからね!

カボイの村に眠る伝説の剣

mao_0101
村の男たちが次々と剣を引き抜けず、最後になってしまったヨシヒコ!!

抜けるかどうか、恐る恐る剣に手を触れようとした瞬間…

「カチャーンッ!!」
剣が倒れたっwwwwww

村の長「勇者の誕生じゃあ〜!!!」
っておい!!本当にこれでいいのか!?ww


この剣を抜くシーンって、どの漫画でも勇者だとグッと力を入れるとすぐ抜けるイメージだけど…

ただ考え直してみると「選ばれし勇者ならそれほど力を入れずに抜ける」ってことを考えれば、それは加減の問題でしかないんですよねw


とまぁ初見だと絶対に笑ってしまう一場面でしたw

ムラサキの村で一番似顔絵がうまい男

mao_0102
こ、これで一番うまいとか大丈夫なのか…

どうか…どうか書いた男というのがおっさんではありませんように!!


ムラサキもこの似顔絵で殺しまでやらなければならないのだから苦労人なことだ…

情報としては「わりと目がパッチリしている」んだとか…

ヨシヒコもこれには突っ込まざるを得なくなってしまっているw


父の仇だと確信できる日は当分来そうにないようだ…

なぜヨシヒコだけ!?仏が見えない

mao_0103
なぜか主人公のヨシヒコだけ肉眼では仏を見れないようだ。

そして3Dメガネ(っぽいもの)をつけてみると飛び出したように見えるんだとかw

どこのハウ◯テンボスなんすかね!?w(これも古いかな…)


というかこれをササっと懐から出すメレブさんもすげぇ…w

実はこの旅、メレブが仲間になっていないとここで終わっていたのだ。

ほんと、仲間にしてよかったねw魔法使えそうにないけど…

<スポンサードリンク>


終わりに

これでも結構省いて書いたつもりです。

あらすじも大枠しか書いていませんし。

なんつーか、全部書けないくらいのネタがつまりすぎてて書ききれませんw


このドラマはそういう大枠では話きれないネタが面白いドラマなので、気になったなら実際に見てみてくださいね!

TOP >>2話