<スポンサードリンク>


偽勇者・偽ヨシヒコまとめ

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」の7話に現れた偽勇者たちについてまとめます。

あらすじ

IMG_1241

旅の道中、ヨシヒコたちは4匹の魔物と出会う。

手強い相手でやられそうになったとき、魔物たちはモシャスで魔物たちに変身したのだ。

IMG_1265

魔物たちはキラナの村へ向かい村人たちを勇者だと騙し、悪霊の鍵のありかを聞きがそうとしていた。

そして、ヨシヒコたちが村に到着すると、逆に偽物扱いされてしまったのである。

そう、彼らはヨシヒコたち以上に”できる”魔物たちだったのだ。

偽ヨシヒコ

IMG_1266

ばくだんいわがモシャスで勇者ヨシヒコに変身した姿。

洒落たジョークがうまい

村人たちに冒険の話をするが、みんながみんな笑っていた。

また、話している相手は全員女性。

酔っ払いの男性が話に割り込んできたときにも

偽ヨシヒコ「こら君!女子の嫌がることはしない!」

と女性への配慮が完璧である。

変身してもお人好し

ヨシヒコとの冒険中、姿を戻して戦ってもいいはずの偽ヨシヒコは「この姿の方が貴様も過ごしやすいだろう?」とヨシヒコの姿のまま戦った。

偽ムラサキ

IMG_1259

ジェリーマンがモシャスでムラサキに変身した姿。

とにかくかわいい

偽ムラサキは変身した直後、ダンジョーに「本物よりも…かわいいっ!!!」と口に出してしまうほど女らしく可愛かった。

明るいけど少しモジモジしたところもあり、村人たちもメロメロである。

料理上手

なんとめちゃくちゃ料理上手。

働く村人たちにクッキーを焼いてあげたり、ヨシヒコと偽物たちの冒険の休息中にそうめんを茹でてくれた。

和菓子も作れるようだ。


ヨシヒコが今後も偽物たちと旅を続けようとした大きな要因の1つである。

呪文も使える

なんと偽ムラサキは攻撃系の呪文も覚える。

ヒャダルコ
敵グループを冷気で攻撃する。

牢屋に入っているムラサキに「うっせー!ぶりっ子ブース!!」と挑発されたときに使用。

また、ボス戦でもヒャダルコを使い、敵の炎攻撃からヨシヒコを守っている。

ヒャド(推測)
敵単体を冷気で攻撃する。

ヨシヒコたちとの冒険中に敵の魔物に放った呪文。

ヨシヒコの「呪文!」という命令によって繰り出されたため、呪文の名前は確定ではないが、敵単体に氷系の呪文を放っていることから「ヒャド」と推測される。

尚、ヒャドはドラクエシリーズによって「敵単体」の呪文であることもあれば「敵全体」の呪文であることもある。

偽メレブ

IMG_1260

しりょうのきしがモシャスでメレブに変身した姿。

使える呪文ばかり覚えている

覚えている呪文はメレブよりも使えるものばかり。

ラリホー
敵を眠らせる呪文。

村に到着して偽物扱いされたヨシヒコたちを眠らせて牢屋へと入れた。

キアリー
毒を治す呪文。

緑の魔物によって毒に侵された村人の毒をいとも簡単に治した。

ギラ
敵グループを炎で包む呪文。

牢屋に入れられた口減らずのヨシヒコたちを攻撃したときに唱えた。

メラ(推測)
敵単体に炎の玉をぶつける呪文。

ヨシヒコたちとの冒険中に敵の魔物に放った呪文。

ヨシヒコの「呪文!」という命令によって繰り出されたため、呪文の名前は確定ではないが、敵単体に火球を飛ばす呪文だったので「メラ」と推測できる。

デイン(推測)
敵を電撃で攻撃する。

ボスを相手に偽メレブが電撃で攻撃している場面がある。

ギャグがウケる

ヨシヒコと一緒にそうめんを食べているときに「人間はいつもこんなにうまいものを食べているのか…」という話題になったとき、

偽メレブ「早く人間になりたい!」

というギャグが微妙にウケていた。

偽ヨシヒコからも「別に人間になりたいわけではないでしょ」と鮮やかなツッコミも入る。

偽ダンジョー

IMG_1261

ギガンテスがモシャスでダンジョーに変身した姿。

子供にも優しい

偽ダンジョーは子供たちともすぐ仲良くなり、一緒に遊んでいた。

子供「ダンジョー様!今度はコマまわしを教えて!」
偽ダンジョー「ダンジョーおじさんはなぁ…コマまわしの天才なんだぞ!ちゃんとできるかなー?」

非の打ち所のないジェントルマンにムラサキも感心した。

仲間にも優しい

仏の助言により偽勇者たちの真の目的を知ったヨシヒコが偽ムラサキに「馬鹿者!!!」と言ったとき、偽ダンジョーが偽ムラサキを胸に寄せて慰めている。

役者

濱田岳(偽ヨシヒコ)

auのCMの金ちゃん役と言えば「あ〜!」ってなる人もいるはず。

2004年の3年B組金八先生に出演以来、本格的に俳優の道を歩むことに。

映画、ドラマ問わず幅広い活躍をしている。

有村架純(偽ムラサキ)

こちらはauシリーズのかぐや姫役。

2015年に映画「ビリギャル」の主演も務めている。

非常に整った顔立ちなのでドラマ、映画だけでなくCMにも引っ張りだこである。

山中崇(偽メレブ)

朝ドラの「ごちそうさん」で室井幸斎役として出演されていたのが印象的。

ドラマでは脇役が多く、映画は主にインディーズ映画を中心に出演している。

何気なくJTのCMに出ていたりした。

宍戸開(偽ダンジョー)

宍戸錠の息子で、「錠を開く」という意味で開(かい)と名付けられた。本名である。

大河ドラマやミステリードラマなどで活躍している。

映画「テルマエロマエ」ではアントニヌス役としても出演。