勇者ヨシヒコと悪霊の鍵の第11話の感想とネタバレを書いていきます。

話のあらすじを大雑把に書いて、面白かった部分をピックアップして書きます。

button_yos_fotor




<スポンサードリンク>


「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」 第11話のあらすじ・ネタバレ

デスタークの城へ侵入

ヨシヒコたちは城に乗り込むため、へんげの杖でスライムの姿に変身する。
感想pickup!!

そして城壁の中に。

中にはとてつもない量の魔物がいる。

そして城の中へ。

皇帝がデスターク?

中に入ると「皇帝!皇帝!」というコールが広がっていた。

そして皇帝が出てくる。やつがデスタークか!?(姿は皇帝ペンギンだが…)

皇帝「我々魔族は、表の世界を制圧し得る力を持った。いよいよ、この裏世界という不名誉な大地を飛び出し、表世界の覇者となろうぞ。」
ヨシヒコ「そうはさせん!!!」

空気の読めないヨシヒコは様子も見ずについつい言ってしまう。

皇帝「君たちは新入りか?」
ヨシヒコ「違う、私はお前を倒すためにやってきた勇者だ!」

へんげの杖で変装してきたことがバレてしまう。


ヨシヒコたちは皇帝の一撃で簡単に倒されてしまった。

教会での復活

ヨシヒコが起き上がると教会にいた。

ヨシヒコは神父に頼み生き返らせてもらおうとした。

ダンジョーは5万ゴールド、ムラサキは1万ゴールド、メレブは6ゴールド…

メレブしか生き返らせれない…裏世界価格らしい。

ただ、教会は今日で閉店するらしいので、タダで生き返らせてくれた。


神父の姿がだんだん見えなくなってきている。

神父「最後に1つだけ言っておきたいことがある。」
ヨシヒコ「はい」
神父「歯磨きって、毎日しすぎると知覚過敏n…」

こうして神父は消えていった。

ムラサキのパルプンテ

ムラサキは仏を呼び出そうと声をかけたが、仏は出てこなかった。

行き詰まってしまったヨシヒコたちはメレブの提案でムラサキのパルプンテに頼ることに。


ムラサキがパルプンテをかけると、どこかからレベルアップ音が鳴り続ける…

なんと、メレブのレベルがどんどん上がっていた。

そして一気に20レベルあがった。


メレブは次々に呪文をかけていく。

ビートたけしのモノマネをするようになるタケシズン。

うんkがしたくなるダイベイン。

味方ひとりの声を小型犬に変えて敵を威嚇するイヌゴラム。

・・・

こうして使えない呪文が続き、夜になっていた。


最後の呪文…

息がミントの香りに…息リフレッシュ!ケアブレス!!

結局使える呪文はなかった。

捕まるヒサ

ヒサは皇帝の手下につかまっていた。

ヒサは皇帝の部屋の十字架にぶら下げられて呪文による拷問を受けた。

夢の世界

ヨシヒコはそんな夢を見て起きた。

起きた場所は海…ムラサキとメレブは「遊ぼうぜー!!」とヨシヒコを誘う。

スイカ割りをするようだ。

ダンジョーも「いい波が来る」と言ってサーフボードを持って海に向かう。


メレブが目隠しをしてスイカ割りをして…

いや、スイカではなく砂浜に埋められた仏の頭を割ろうとしていた。
→感想pickup!!

ヨシヒコはメレブを押しのけて仏の話を聞いた。


仏はヨシヒコの頭の中の世界に入ってきているという。

デスタークはヨシヒコの頭の中を占拠し、夢の楽園を見せつけることによって戦う本能を失わせようとしている。

ヨシヒコが最強の装備をしているにもかかわらず皇帝に敵わないのは、装備を機能させるためのアイテム「光のオーブ」を手に入れなければならない。

そのオーブはデスタークの双子の兄弟が持つ。

ヨシヒコは、今は姿を隠しているデスタークの兄「シンポジオン」を探し、光のオーブを手に入れることにした。

光の神シンポジオン

ヨシヒコは「闇は光を闇に隠す」という仏の話をヒントに、いくつもの洞窟を探し回ったがなかなか見つからなかった。

その日は民宿に泊まることに。


ヨシヒコたちは話し合う。

「他に暗闇といったらどこにある?」

…すると押入れの戸がソーっと開きだす。そしてまた閉じる。


ヨシヒコ「もしかして、あなたは光の神”シンポジオン”様でしょうか?」
???「いかにも…」

デスタークは押入れの中に隠していたのだ!!

シンポジオンはなかなか押入れから出てこなかったが、メレブとヨシヒコは彼を引きずり出した。


シンポジオンは光の玉は2つしか持っていないといい、そう簡単には渡してくれない。

シンポジオン「そなたが真の勇者なら、私がどこに光の玉を隠し持っているのか、すぐにわかるはずだ!もしそれを探しあ・・・」

ヨシヒコは速攻彼の股間に手をツッコミ光のオーブを掴み取った。
→感想pickup!!


こうしてヨシヒコは2つの光のオーブを手に入れた。

皇帝との再戦

ヨシヒコたちはへんげの杖を使ってもう一度皇帝の前まで行った。

皇帝に出会うと変装は簡単にバレてしまい、人間の姿にさせられしまった。


皇帝はヨシヒコを攻撃するが、光のオーブが身を守ってくれた。

心機一転。反撃に出ようとしたヨシヒコたちだったが…

皇帝はヒサを人質としていた。


皇帝は光のオーブとヒサを交換条件としてきた。

メレブ、ムラサキ、ダンジョーも光のオーブを渡すようにヨシヒコに言う。(オーブは2つあるため)

そしてヨシヒコは2つとも差し出しちゃったので、2つとも取られてしまった。


皇帝はヨシヒコたちを攻撃しようとする。

しかし、そのとき皇帝の動きが止まる。

皇帝「あ、あなたは…ヨシヒコ様!?ヨシヒコ様ですね!私です!アイシスの格闘場で助けていただいたペンギンです!」

皇帝は魔物の力で操られていたのだ。


皇帝はヒサを解放し、デスタークのもとへ案内してくれた。

決戦デスターク

ついにデスタークとの決着をつける時が来た…

この戦いとエンディングは、あなた自身の目で確かめてくれ!!(か、書くのが面倒なわけではないのだよ…)

<スポンサードリンク>


感想

ふぅー…疲れましたw

あのペンギンに伏線があったとは誰が気がついたでしょうか…

急に夢の中の展開になったりして忙しい最終回でした…

へんげの杖は全員スライム

IMG_1208

スライムの人形アレンジかわいいw

個人的にはメレブのホクロアレンジがお気に入りです。

これ普通に商品にしたらどうかなw

あとエリミネーターだけが地味に生の人間でウケたw

なぜこうなった

IMG_1210

…!?

ほんとなんでこうなったんだろうかw

ヨシヒコの楽園って恐ろしいねw

仏がヨシヒコの頭に入り込んだって言ってたし、仏が望んでこんな格好を選んだんだろうか…

最後の下ネタ

IMG_1211

最後の最後に来てこの下ネタである。

ムラサキにオーブを渡そうとするのがウケましたw

そりゃ触りたくないよね…くさそう。

<スポンサードリンク>


終わりに

いやー、終わっちゃいましたね。

最終回なんで、最後の部分だけあらすじを書くのは避けました。

その部分を見たい人やもう一度見たい人はコチラからどうぞ。

一応こちらが決戦の様子です。

IMG_1205


IMG_1206


IMG_1207

それでは、これでシリーズ第2弾「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」の感想は終了になります。

ここまで読んでいただいた方には心より感謝いたします。ありがとうございました。

勇者ヨシヒコシリーズには続編「勇者ヨシヒコと導かれし七人」が2016年に放送予定となっておりますので、是非、ご覧になっていくださいね!

10話<< TOP